リート投資法人について リート(REIT)ではじめる投資信託・高配当・不動産投資術

スター・ホテル・リート・マネジメントって何?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

スター・ホテル・リート・マネジメント鰍ヘ2007年4月19日付で、投資信託委託業者の認可を金融庁より受けました。

スター・ホテル・リート・マネジメント鰍フ概要は、本店所在地は東京都港区新橋、設立は平成18年8月30日、資本金1億7千万円となっています。

投資法人の名前、上場日等は今のところ未定です。

スター・ホテル・リート・マネジメント鰍ヘエルエスエフ・ジャパン・ホールディングス・エス・シー・エーという会社が100%出資しています。

こちらの詳細はまだよくわかりませんが、グループ企業らしき会社が東京スター銀行に出資しており、ベンチャーキャピタル系であると紹介されています。

スター・ホテル・リート・マネジメント株式会社という社名から推測すると、ホテル特化型ファンドかと思われ、実際にスターホテルグループ(リゾートホテル系、シティホテル系)も存在します。

どのようなリートになるかはまだわかりませんが、今後、スター・ホテル・リート・マネジメント鰍フ運用手腕に注目したいところです。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

森トラスト総合リートを知ろう


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

森トラスト総合リートはJリートとしては11番目の上場になります。

設立母体はこれまで数多くの大型物件を手がけてきた森トラスト梶B

森トラスト総合リート投資法人と森トラストグループ4社との間で、用途分散や不動産等の情報提供に関する協定を締結し、安定的な賃料収入を確保することを目指しています。

森トラスト総合リートはスポンサーの特徴からもわかるように、大型のオフィスビルや商業施設などに投資を行なっています。

旗艦物件の「日立本社ビル」は日立移転に伴い売却し、不安定要素を払拭しました。

現在の森トラスト総合リートのポートフォリオを見るとホテル、郊外型施設の比重が高くなっています。

総合型リートとして分類されていますが、投資先に住居はありません。

森トラスト総合リートは勝ち組銘柄と言われていますが、投資物件の築年数の古さと、日産の拠点集約が少々気になるところです。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

トップリート投資法人について


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

トップリート投資法人は2006年3月、東証へ上場しました。

本投資法人の資産運用会社は、トップリート・アセットマネジメント鰍ノなります。

トップリート投資法人の特色は、住友信託銀行梶A(株)新日鉄都市開発、王子不動産(株)の3社が出資をしているところです。

ですから、トップリート投資法人は、住友信託銀行は銀行・信託業務はもちろんのこと、不動産運用においても強みをもっています。

(株)新日鉄都市開発、王子不動産(株)は日本を代表する企業グループの不動産会社であり、グループ保有不動産の管理運営、ディベロッパー業務でノウハウを培ってきました。

これらの事より、トップリート投資法人は「総合型ポートフォリオ運用」と「スポンサー力の最大活用」を掲げ、利益の最大化を目指しています。

「総合型ポートフォリオ運用」と言う点では「深沢ハウス」の取得により現在では主要投資対象であるオフィスビル、商業施設、住居の全てを保有することになりました。

好況期に賃料上昇が期待できるオフィスビルと、景気に左右されず安定した賃料が期待できる住宅と、その両面を持つ商業施設を主たる投資対象とすることで、ポートフォリオ全体としての収益の安定性と成長性を追求していくのが目的です。

「スポンサー力の最大活用」では3社企業グループの有する幅広いネットワーク、開発力、仲介力、運営管理力、投資運用力、技術力等を最大限に発揮し、機動的な物件取得手段を確保することで、資産の安定成長を図り、規模のメリットによるコストの低減、不動産の分散による収益変動リスクの低減等により、投資価値の向上を図っています。

上記がトップリート投資法人の主な特徴です。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

森ヒルズリートって何?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

森ヒルズリートは森ビルがスポンサーの総合型リート銘柄です。

2006年11月に東証に上場しました。

Jリート40社目の投資法人です。

森ヒルズリートの「ヒルズ」という名称は、「アークヒルズ」、「愛宕グリーンヒルズ」、「元麻布ヒルズ」、「六本木ヒルズ」、「オランダヒルズ」、「表参道ヒルズ」に代表されるように、森ビルグループの都市づくりの思想を表しています。

また森ヒルズリートは、投資対象の50%以上を競争力が極めて高い「プレミアム物件」とすることで独自性を出しています。

プレミアム物件とは、森ビルグループのブランド力が十分に発揮できるプレミアムエリア(東京都心5区及びその周辺地区)に所在し、クオリティの高い競争力を維持できる物件のことを言います。

森ヒルズリートは、これら「プレミアム物件」を主な投資対象としています。

旗艦物件は、六本木ヒルズゲートタワー。

この物件に代表されるように、住居は高級賃貸物件であり、景気回復による収益増加が期待できると思われます。

今後の森ヒルズリートに注目です。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

福岡リート投資法人とは?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

福岡リート投資法人とは日本初の地域特化型投資法人です。

その名の通り、福岡、九州地方に特化した不動産でリートを構成しています。

福岡リート投資法人の投資方針を見てみると「成長余力の高いマーケット」と「競争優位性を発揮できる得意分野」が重なる領域を投資対象とすることを基本方針としています。

この方針の下、福岡・九州地域を主対象とし、デザイン性に優れているエンターテイメント型商業施設を中心に、Aクラスオフィスビルにも投資を行うとしています。

実際福岡リート投資法人は投資物件の大部分が福岡に集中しており、商業施設への投資が約60%、オフィスビルへの投資が40%弱、住居は1%程度となっており、基本方針通りの投資になっていることがわかります。

今後の福岡リート投資法人の成長のカギは、昨今九州圏へ進出する大企業の工場も多く、人口も増加傾向にあります。

福岡リート投資法人の物件建設の際には、地の利を生かし優良新築物件を如何にリートに取り込んでいくかにかかっていると思われます。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

midリートとは?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

midリートは大阪を拠点とする投資法人です。

midリートの特徴は、国内屈指の経済規模と、潜在的な成長力を有すると考えられる大阪圏を重点的な投資エリアとし、オフィスビルに重点的に投資しています。

事実物件は大阪市内に集中しており、大阪ビジネスパーク内のツイン21ビル、松下電工ビル、松下IMPビルがmidリートの中核物件となっています。

本投資法人の資産運用会社はmidリートマネジメント梶B

mid都市開発鰍P00%出資により設立されたリートの投資信託委託会社です。

midグループの中心会社mid都市開発鰍ヘ、総合デベロッパーとして、半世紀以上にわたり主に大阪圏において活動してきました。

その長年の経験により培った信頼、ノウハウ、ネットワーク等の経営資源を活用し、midグループはスポンサーとして、安定した収益の確保と運用資産を着実に成長させることにより、midリートの価値最大化を目指しています。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

阪神リート投資法人とは?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

阪急リート投資法人は、関西圏を投資主対象とした初の投資法人です。

一方で、阪急リート投資法人のスポンサー企業は、関西圏だけなく、関東はじめ全国的な開発実績も豊富です。

この点から阪急リート投資法人の投資対象地域は、関西圏を50%以上とし、他地域での取得も行っています。

阪急リート投資法人の資産運用会社である阪急リート投信株式会社は、Jリート事業へ参入するために、2004年3月に阪急電鉄株式会社の全額出資により設立されました。

統合により阪急阪神ホールディングスグループとなり、今まで培ってきたマルチテナント型複合商業施設の運用管理ノウハウを最大限活用し、質の高い施設管理とリーシングを行い、不動産の収益性向上を図ります。

こうしたノウハウ・人材・情報収集力などを活用して、長期にわたり収益力が維持できる優良不動産への投資を行うことにより、阪急リート投資法人の着実な成長性の確保に努めています。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

ジョイント・リート投資法人とは?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

ジョイント・リート投資法人はマンション開発会社がスポンサーの主体となった初のリート銘柄です。

ジョイント・リート投資法人の資産運用会社は潟Wョイント・キャピタル・パートナーズ。

潟Wョイント・コーポレーションとその子会社潟Wョイント・アセットマネジメントがスポンサーとなっています。

ジョイントグループのルートを利用し、商業施設にも投資を行う「住居+商業施設」銘柄である点が特色です。

現在、ジョイント・リート投資法人は都市型商業施設の取得が続いており、商業施設比率が上昇しています。

基本的にジョイント・リート投資法人は、住居と商業施設をコアアセットとした安定収益の確保を目指すリートですが、オフィスビル等の取得にも若干ではありますが余地を残しています。

ジョイント・リート投資法人の現在の物件のポートフォリオを見てみると、住居が60%強と多くを占めており、マンション開発デベロッパー主体であることをうかがわせます。

地域別で見ると約70%が東京とその周辺であり、残りは全国に分散投資されています。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

森トラスト総合リート投資法人とは?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

森トラスト総合リート投資法人はJリートとしては11番目の上場になります。

設立母体はこれまで数多くの大型物件を手がけてきた森トラスト梶B

森トラスト総合リート投資法人と森トラストグループ4社との間で、用途分散や不動産等の情報提供に関する協定を締結し、安定的な賃料収入を確保することを目指しています。

森トラスト総合リート投資法人はスポンサーの特徴からもわかるように、大型のオフィスビルや商業施設などに投資を行なっています。

旗艦物件の「日立本社ビル」は日立移転に伴い売却し、不安定要素を払拭しました。

現在の森トラスト総合リート投資法人のポートフォリオを見るとホテル、郊外型施設の比重が高くなっています。

森トラスト総合リート投資法人は、総合型投資法人として分類されていますが、投資先に住居はありません。

勝ち組銘柄と言われていますが、投資物件の築年数の古さと、日産の拠点集約が少々気になるところです。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

森ヒルズリート投資法人って何?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

森ヒルズリート投資法人は森ビルがスポンサーの総合型リート銘柄です。

2006年11月に東証に上場しました。

森ヒルズリート投資法人はJリート40社目の投資法人です。

森ヒルズリート投資法人の「ヒルズ」という名称は、「アークヒルズ」、「愛宕グリーンヒルズ」、「元麻布ヒルズ」、「六本木ヒルズ」、「オランダヒルズ」、「表参道ヒルズ」に代表されるように、森ビルグループの都市づくりの思想を表しています。

また森ヒルズリート投資法人は、投資対象の50%以上を競争力が極めて高い「プレミアム物件」とすることで独自性を出しています。

プレミアム物件とは、森ビルグループのブランド力が十分に発揮できるプレミアムエリア(東京都心5区及びその周辺地区)に所在し、
クオリティの高い競争力を維持できる物件のことを言います。

森ヒルズリート投資法人は、これら「プレミアム物件」を主な投資対象としています。

旗艦物件は、六本木ヒルズゲートタワー。

この物件に代表されるように、住居は高級賃貸物件であり、景気回復による収益増加が期待できると思われます。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

東京グロースリート投資法人とは?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

東京グロースリート投資法人は「成長性の確保」を資産運用基本方針としています。

その名の通り、「成長性=グロースリート」を目指し、東京グロースリート投資法人の資産価値向上並びに一口当たりの利益の上昇を目的としています。

ポートフォリオの構成を見てみると東京23区、居住用に集中しており、居住用不動産中心総合リートになっています。

東京グロースリート投資法人は、物件売却を積極的に行う方針を持つ銘柄で、実際に毎期物件を売却しており、売却益の分配金への寄与は大きく、一定期間で物件の入れ替えをしています。

上場来、東京グロースリート投資法人は大証の上場銘柄でしたが、2006年8月に東証へ重複上場しました(現在は東証へ一本化。大証は上場廃止)。

東京グロースリート投資法人の資産運用会社の株主は上場時の証券会社中心から現状へ変動しました。

現在はアパマンショップグループに属しています。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

midリート投資法人とは?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

midリート投資法人は大阪を拠点とする投資法人です。

midリート投資法人の特徴は、国内屈指の経済規模と、潜在的な成長力を有すると考えられる大阪圏を重点的な投資エリアとし、オフィスビルに重点的に投資しています。

事実物件は大阪市内に集中しており、大阪ビジネスパーク内のツイン21ビル、松下電工ビル、松下IMPビルがmidリート投資法人の中核物件となっています。

midリート投資法人の資産運用会社はmidリートマネジメント梶B

mid都市開発鰍P00%出資により設立されたリートの投資信託委託会社です。

midグループの中心会社mid都市開発鰍ヘ、総合デベロッパーとして、半世紀以上にわたり主に大阪圏において活動してきました。

その長年の経験により培った信頼、ノウハウ、ネットワーク等の経営資源を活用し、midグループはスポンサーとして、安定した収益の確保と運用資産を着実に成長させることにより、midリート投資法人の価値最大化を目指しています。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

阪急リートとは?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

阪急リート投資法人は、関西圏を投資主対象とした初のリート銘柄です。

一方でスポンサー企業は、関西圏だけなく、関東始め全国的な開発実績も豊富です。

この点から阪急リート投資法人の投資対象地域は、関西圏を50%以上とし、他地域での取得も行っています。

阪急リート投資法人の資産運用会社である阪急リート投信株式会社は、Jリート事業へ参入するために、2004年3月に阪急電鉄株式会社の全額出資により設立されました。

経営統合により阪急阪神ホールディングスグループとなってからも、阪急リート投資法人は、今まで培ってきたマルチテナント型複合商業施設の運用管理ノウハウを最大限活用し、質の高い施設管理とリーシングを行い、不動産の収益性向上を図ります。

こうしたノウハウ・人材・情報収集力などを活用して、長期にわたり収益力が維持できる優良不動産への投資を行うことにより、阪急リート投資法人は、着実な成長性の確保に努めています。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。
k