jリートとは? リート(REIT)ではじめる投資信託・高配当・不動産投資術

日本jリートオープンを知ろう


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

日本jリートオープンは日本投信委託鰍ェ設定・運用しているリート型投資信託です。

わが国の証券取引所に上場している(上場予定を含みます。)不動産投資信託証券(jリート)に投資を行い、安定した収益の確保と信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。

オープン型ですので申込、換金等は自由です。

日本jリートオープンのjリートの組入比率は、原則として高位に保ち、jリートから支払われる分配金(配当金)の確保を目指します。

鰹Z信基礎研究所から提供される不動産市場全体とjリートに関する調査・分析情報等の助言を参考に運用を行います。

日本jリートオープンはマザーファンドであるjリート・マザーファンドを通じて、日本の上場リートに投資を行います。

また、日本jリートオープンは毎月20日に決算を行います。

収益分配は、主として配当等収益等から行います。

日本jリートオープンは、6月と12月の決算時は、それぞれの決算日に売買益等が存在するときは、配当等収益に売買益等を加えた額を分配対象収益として分配を行います。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

ジャパンリートドットコムをみてみよう


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

日本のリートは、アメリカのリートと仕組みが違う点もあり、Jリート(日本版不動産投資信託)と呼び区別しています。

JリートはJapan REIT(ジャパンリート)の略です。

そのJリートについて調べてみようと思う時、まずジャパンリートドットコムというサイトを訪れてみてはどうでしょうか?

ジャパンリートドットコムは名前の通り、日本の証券市場に上場しているリートについて上手くまとめています。

用語集、リートに関するコラム、各投資法人の特徴、物件所在地、投資物件概略、分配金の額等の情報が掲載されています。

またリートのマーケット概況、物件取得情報等最新の情報も載っています。

ジャパンリートドットコムはリートというものが初めての人、分からない人にとってもリートの沿革から始まって詳しい説明がされており、理解しやすい構成になっています。

また、ジャパンリートドットコムはYahoo版もあります。内容は大体同じですが、興味のある方は両方見てはいかがでしょうか。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

ジェイリートを知ろう


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

ジェイリートとは日本版リート(日本版不動産投資信託)のことを指しています。

仕組みがアメリカのリートと異なる所もあるため、ジェイリートと言われています。

ジェイリートは不動産を所有、運営するために創られた法人です。

ジェイリートは投資家から資金を集め不動産を購入し、そこから得られる賃料、又は売却益を投資家へ分配します。

つまりジェイリートへ投資することは、間接的に不動産へ投資していることになります。

このような商品が可能になったのは、2000年11月に改正された投資信託法により、不動産も運用対象とすることができるようになったためです。

不動産を小口化(証券化)することによって、今までにはない金融商品が誕生したわけですが、これまで投資しにくかった不動産投資が個人でも比較的容易に行えるようになりました。

またジェイリートは3〜6%とという比較的高い利回りが魅力のひとつですが、個人投資家にとって新たな資産運用の商品として注目を集めています。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

しんきんjリートとは?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

しんきんjリートはしんきんアセットマネジメント投信鰍ェ運用・設定しているファンドオブファンズです。

オープン型で申込・解約は自由です。

わが国の金融商品取引所上場(上場予定を含む。)の不動産投資信託証券(以下jリートという。)を主な投資対象とします。

しんきんjリートマザーファンド」の受益証券に投資をするファミリーファンド方式で運用を行います。

実際、しんきんjリートの投資内容を見てみると、資金のほとんどをjリートに投資しており、基本運用通りになっていることがわかります。

また、しんきんjリートへの投資を通じて、間接的に不動産へ投資をした効果が得られます。

しんきんjリートが主な投資対象とするjリートは、株式や債券とは違った値動きをする傾向があり、資産運用において分散効果が期待できます。

東証リート指数(配当込み)をベンチマークとし、決算日は毎月20日で毎月の収益分配を目指しています。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

三菱UFJjリートオープンについて


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

三菱UFJ jリートオープンは三菱UFJ投信が設定・運用するファンドです。

三菱UFJ jリートオープンの主要投資対象は、日本の証券取引所上場(予定含む)不動産投資信託証券(jリート)です。

分散投資を行い、信託財産の中長期的な成長を図ります。

三菱UFJ jリートオープンの銘柄選定およびポートフォリオ構築は、定性的評価(事業内容および財務内容等の分析)・定量的評価(キャッシュフロー、配当利回り、PBR等の分析)を経て行います。

三菱UFJ jリートオープンの組入比率は高位(通常の状態で90%以上)を基本とします。

運用は「三菱UFJ jリートマザーファンド 2004」を通じて行います。

また、銘柄選定にあたっては三菱UFJ信託銀行の運用ノウハウを活用します。

三菱UFJ jリートオープンは3ヵ月毎に決算を行い、利子・配当等収益および売買益(評価益を含む)等の全額から、基準価額水準、市況動向等を勘案して分配します。

累積投資も可能です。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。

日本のリートの変遷


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

日本におけるリートは2001年9月に、2銘柄、時価総額2500億円で誕生しました。

J−REIT(ジェイ・リート)、日本語で日本版不動産投資信託と呼ばれています。

また、Jリートと簡単に書いたりすることもあります。

リート発祥の地、アメリカと仕組みが異なる点もあるため、このようにJリートと呼んで区別しています。

市場開設当初(2001〜2002年前半)は実績もほとんど無く、株式市場における規模も小さく認知度も低かったため、日本のリートの価格は低迷していました。

しかし2002年後半からは分配実績の蓄積、税制の改正により、機関投資家が運用に採用するようになり徐々に浸透し始めました。

2003年には日本のリートのファンド・オブ・ファンズの設定が可能になり、個人投資家への裾野を広げました。

そして2007年現在、日本のリートは41銘柄、約6兆円までに成長しました。

市場での認知とともに銘柄も増え、様々な相乗効果により、ここまでの規模にまで育ってきたと言えるでしょう。

日本の不動産市場は今後もまだ開発の余地があり、それに伴い日本のリートも更に成長、拡大を続けるものと期待されています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

日本リートとは?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

第一生命保険が引受会社である変額年金保険「堂堂年金NK]に、2004年1月から日本リートというファンド(=特別勘定)が加わりました。

これは、リート(不動産投資信託)が入った変額年金保険としては日本初の事でした。

変額年金保険とは、ズバリ多数のファンド(=特別勘定)から成り立っている保険です。

一般的にリートはインフレに強いため、この中に日本リートという不動産投資信託が加わったという事は、長期運用を主体とする年金に安定感が増したと言えると思われます。

日本リートは投資信託「DIAM J−REITファンドVA」を主たる投資対象としたファンド(=特別勘定)です。

中長期的に東証リート指数を上回る投資成果を目指しています。

「堂堂年金NK」は日本リートを加えることによって、不動産運用による年金資産形成を、個人の年金形成にも活用できるようにしたのが特徴です。

今回は日本リートというファンド(=特別勘定)でしたが、保険の世界にもリートが取り入れられるようになり、
今後もリートを活用した金融商品が増えていくことは間違いなさそうです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

j リートとはなんだ?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

j リートとは日本版リート(日本版不動産投資信託)のことを指しています。

仕組みがアメリカのリートと異なる所もあるため、 j リートと言われています。

j リートは不動産を所有、運営するために創られた法人です。

j リートは投資家から資金を集め不動産を購入し、そこから得られる賃料、又は売却益を投資家へ分配します。

つまり j リートへ投資することは、間接的に不動産へ投資していることになります。

このような商品が可能になったのは、2000年11月に改正された投資信託法により、不動産も運用対象とすることができるようになったためです。

不動産を小口化(証券化)することによって、今までにはない金融商品が誕生したわけですが、これまで投資しにくかった不動産投資が個人でも比較的容易に行えるようになりました。

また j リートは3〜6%とという比較的高い利回りが魅力のひとつですが、個人投資家にとって新たな資産運用の商品として注目を集めています。

リートファンドをさらに研究していきます!良かったら・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。
k