日本のリートの変遷 リート(REIT)ではじめる投資信託・高配当・不動産投資術

日本のリートの変遷


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

日本におけるリートは2001年9月に、2銘柄、時価総額2500億円で誕生しました。

J−REIT(ジェイ・リート)、日本語で日本版不動産投資信託と呼ばれています。

また、Jリートと簡単に書いたりすることもあります。

リート発祥の地、アメリカと仕組みが異なる点もあるため、このようにJリートと呼んで区別しています。

市場開設当初(2001〜2002年前半)は実績もほとんど無く、株式市場における規模も小さく認知度も低かったため、日本のリートの価格は低迷していました。

しかし2002年後半からは分配実績の蓄積、税制の改正により、機関投資家が運用に採用するようになり徐々に浸透し始めました。

2003年には日本のリートのファンド・オブ・ファンズの設定が可能になり、個人投資家への裾野を広げました。

そして2007年現在、日本のリートは41銘柄、約6兆円までに成長しました。

市場での認知とともに銘柄も増え、様々な相乗効果により、ここまでの規模にまで育ってきたと言えるでしょう。

日本の不動産市場は今後もまだ開発の余地があり、それに伴い日本のリートも更に成長、拡大を続けるものと期待されています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m
k