リートはriet? リート(REIT)ではじめる投資信託・高配当・不動産投資術

リートはriet?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

不動産投資のリートは「riet」と検索される場合があるのですが・・・

リートとは、Real Estate Investment Trustの略称(REIT)であり、1960年にアメリカで生まれました。

スペルで言うと「reit」となります。
スペル間違いで「riet」と間違える場合が良くあるので注意ですね。

また、リートは日本語では不動産投資信託と呼んでおり、日本版リートをJ−REITといって区別しています。

リートは投資家から集めた資金で不動産を購入し、そこから生じる賃料や売却益が投資家に分配されます。

投資家には投資証券が発行されます。

また、株式と同じように証券市場に上場しており、そこで投資証券が毎日売買されています。

したがって売買方法も株式と同じで、全国の証券会社から買うことができます。

税制などについても基本的には株式と同じです。

リート(不動産投資信託)という名称から、株式投資信託や債券投資信託などをイメージしがちですが、むしろ株式に近い商品だといえます。

最近、“riet”と間違ったスペルを書く人を見かけますが、正しくは“REIT”です。
日本語で“リート”と読むと「riet」と読みやすいので間違った綴りになってしまうのかも知れません。

くれぐれも「riet」でなく「reit」ですね。
英語の正式名がわかっていれば間違うこともありませんね。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m
k