価値開発の事業展開に妙味ありです。 リート(REIT)ではじめる投資信託・高配当・不動産投資術

価値開発の事業展開に妙味ありです。

最近、更新が少なくなっており申し訳ございません。

頻度が減っておりますが精度の高い記事を更新していきますので
何とぞ宜しくお願いいたします。

さて・・・
今日は価値開発という会社について取り上げたいと思います。

この会社については以前の価値開発の倒産リスクは?という記事をまず読んでいただければと思います。

この記事を書いた時は2009年12月くらいでしたが・・・
ちょうど仕手化して吹き上げた後の記事です。

なぜ株価が吹き上げたのか?
それは中国関連企業として注目されたからです。

もちろん会社としてのIRがあったからに他なりません。

その後の価値開発の株価の動きは2010年6月30日現在の株価で以下の通りです。

■ 6ヶ月


■ 1年
katikaihatu1.jpg


昨年、12月の仕手化して上昇した後は、その後も決算発表や中国関連銘柄として堅調に推移して上昇してきている動きが確認できます。

そして本日も日経平均株価は大きく下落しているというのに8%近く上昇して、株価は52円で終了しています。

■ 本日の価値開発の株価は?

それでも株価52円じゃないか!と言われればそうですが、昨年の11月〜12月にはこの会社の株価は10円辺りまで下落していました。

それが今では52円です。
そして、今後もさらに株価を上昇する事が予想されます。

あまりこういう事を言いたくないのですが、私自身はそう考えています。

なぜこんな事が言えるのか?それは価値開発の事業内容にありますが、今はホテル業をメインとした事業展開をしています。

また昨年、中国の旅行会社と提携発表しています。

実際のそれで株価が吹き上げたのですが、この動きがいよいよ実際に価値開発の業績に直接影響してくる動きが出てきそうです。

というのも、明日、7月1日から中国人の観光ビザの取得制限が今までは年収300万円以上だったかな?そのくらいではないと取得出来なかったものが、10分の1になるからです。

それが明日、7月1日からなのです。
つまり今まで以上に日本に中国人の観光客がやって来ることが容易に想像できます。

価値開発は、昨年に中国の旅行会社と提携をしています。
それゆえ・・・

この大きな需要の流れに確実に影響を受けて業績に繋がるものと見ています。

本日の株価上昇もその影響かと思いますが、本格的に業績回復の発表となれば・・・

第2のラオックスとして急騰して大化けする可能性を秘めています。

と言うとなんだか仕手株みたいな見方で安っぽく思えますが
実需に伴った見解ですので個人的には価値開発は
ますます面白くなるだろうなぁと思います。

という訳で7月以降の価値開発の動きにますます注目です。

記事執筆の励みになります!応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

k