Jリート市場は宝の山を読みました! リート(REIT)ではじめる投資信託・高配当・不動産投資術

Jリート市場は宝の山を読みました!

気になる本がありましたので読んでみました。
その名も・・・

Jリート市場は宝の山



リート投資家と名乗っている以上は読まずには居られない!
ってことで読んでみました。

いやいや・・・
実に読みにくいというか癖のある文章です。

投資はというものは絶対自信のあるものに一点集中型しかありえない。
それが出来ない人は投資をしてはいけない。

とまで言い切っている。
また投資信託というものは極めて非効率で儲からないように出来ている。

とまで言っていますが・・・

この著者はいまの投資信託やファンドが昔と
ずいぶん変わっているのがどうも知らない様子な感じですね。

いわゆるその昔良くあった販売手数料3%で
信託報酬2%くらいあるような

そして日本株のアクティブファンドをみたいな、そんなゴミファンドの事を言っているようですがそれにしても随分と偏っています(汗)

かなり極端な考え方で最初の前半部分は
読みながらだいぶ嫌気が差してきました(笑)

そんな話はいいからリートについての説明を!
と何度思ったことか!?

結局、全体的に偏りがちな論調が多いので必要な部分を
飛ばし読みする形になりました。

と言うわけで読んだ内容を大まかにまとめると。

個別リートの中には、優良物件を多く保有したファンドが
あるから今後も上昇が期待できる!というものでした。

具体的には・・・

■ 優良リート

・フロンティア不動産
・ユナイテッド アーバン
・ジャパンエクセレント
・日本ロジスティックス
・産業ファンド


■ 準優良リート

・トップリート
・阪急リート
・福岡リート
・アドバンスレジデンス
・MIDリート
・日本リーテルファンド


各個別リートがなぜ優良なのか?
その理由をこと細かく説明しています。

ちなみにこの中でも私自身が有望だと思うものですが・・・

産業ファンド、MIDリートあたりです。

その理由については本を買ってじっくり読んで
頂きたいのですが有力なスポンサーを背景としている事と

今のリート価格や分配金が特異な理由で過小評価されているからです。

また今のリート価格も1口20万〜30万程度で比較的買いやすい値段だからです。

現在の各個別リートの利回り一覧表はこちらです。
http://yahoo.japan-reit.com/page/data-top.html

利回り8%〜10%程度あるのは嬉しいですね。

リートのインデックスファンドだと5%弱なので
これと比べてしまうと個別リートに投資したくなります^^;

ある程度、インデックスリートの投資金額が貯まってきたら
これらの個別リートでしっかり調べたものにリレー投資するのもありですね。

個別リートはニューシティレジデンスのように破綻する事もあるから危険だ!

と思われる方もいるかもしれません。
しかしながら・・・

この本の著者も述べているように通常のリートの運用ではなかった

ニューシティレジデンスの場合はかなり特別な事例と言えそうです。

しっかり内部事情をしってリートの仕組みや実態を見ていたら
個別リートに投資しても安全である事がわかってきます。

なぜなら・・・
リート自体もアセットを組んで色んな不動産を保有して
分散的に運用して収益を出しているからです。

これが何か1棟のマンションとかビルだけだったら怖すぎますけど・・・

そんなリスクはリートも負いませんのであしからず。

と言うことで「リート市場は宝の山」は大変勉強になりました。



前半の投資に対する考え方には少し嫌気が差しますが、
リートをさらに理解する意味で非常に勉強になる内容でした。

ただ個人的に言えば、日本レジデンシャルが4万円〜8万円くらいで
一口価格が推移していた頃からするとだいぶリート価格も上がってしまっているので

本当に著者のいうように宝の山か?と言われると

宝の山を使って利益を出してきた著者のリートに関する本と言う感じです(笑)

それでも今の個別リートとリートに対するリスクを知る上では
大変参考になる本でした。


記事執筆の励みになります!応援クリックをお願い致します。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

k