無料温泉入浴券が貰える株主優待の不動産株を集めてみました! リート(REIT)ではじめる投資信託・高配当・不動産投資術

無料温泉入浴券が貰える株主優待の不動産株を集めてみました!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

先日、不動産銘柄のサムティの株主優待で無料でシティホテルに泊まる記事を書きましたが、今回はそんなシリーズ第2弾で株主優待で無料温泉入浴券が貰える不動産株を集めてみました。

このシリーズを探せば温泉施設割引の所もありましたが・・・

今回は割引施設は含めず、無料温泉入浴券か施設利用券で無料で温泉に入れるかこのどちらの銘柄だけに搾っています。

その中でも温泉銘柄として優待利回り+配当利回りが高いものから
順番にラインナップしています。

なおこの利回り計算は、2009年9月15日現在の株価から算出したもので、変動により利回りについても変動します。

大和システム(8939) 利回り1位★★★ 11.6%

100株保有

無料温泉入浴券(700円) × 年間4枚(年1回権利日3月末)
配当0円

温泉の詳細情報


極楽湯(2340) 利回り2位★★ 9.7%

100株保有

無料温泉入浴券(600円) × 年間4枚(半年2枚×2|権利日3月末9月末)
配当6円

株主優待2400円相当 + 配当600円

温泉の詳細情報


共立メンテナンス(9616) 利回り3位★ 8.7%

100株保有

1000円利用券 × 年間10枚(年5枚×2|権利日3月末9月末)
配当38円

温泉詳細情報


タカチホ(8255) 利回り4位 7.1%

1000株保有

無料温泉入浴券(700円) × 年間5枚(年1回権利日3月末)
配当4円

温泉詳細情報

今現在でこの利回り7%〜11%を叩き出しています。
これが2009年3月辺りの最も株価が安い所で仕込んでいたら、もっと利回りが良かったと思います。

実際、僕はこのうちの大和システムと極楽湯を保有しています。ただこの利回りだけをみて優待銘柄を見ると痛い思いをするのは、過去の経験から言えることです。

実際に一番利回りが良いとされている大和システムの会社業績を見てみると、結構ヤバイ匂いがするのは僕だけでしょうか?


大和システムの会社業績推移


2009年3月期に大幅な赤字経常を行い、会社の自己資本比率は前年22.5%だったのが、なんと3.7%まで落ち込んでいます。

とは言え投資金額100株で2万円弱であれば、仮に倒産したとしても許容範囲で温泉入浴券が優待で届くのが楽しみ!というのであれば、それはそれで良いと思います。

ただそれで会社が倒産してしまって損をしてしまっては、それは本末転倒で投資とは言えないですよね。

なので利回りが高い会社ほど会社業績をしっかり見る必要がありますし、そうでない会社についても会社業績の推移や財務状況も見ておく必要があると思います。

と言うわけで株主優待で無料温泉入浴券が貰える不動産株シリーズでした。

記事参考になりました!と思われた方は・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。
この記事へのコメント
大介様
相互リンクどうも有り難うございます!
これからもよろしくお願いします!
いろいろ勉強させてください!
Posted by しょうしゃん at 2009年09月17日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

k