J−REIT(リート)投資実践セミナーに参加してきました! リート(REIT)ではじめる投資信託・高配当・不動産投資術

J−REIT(リート)投資実践セミナーに参加してきました!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングの応援をお願い致しますm(__)m

週末にJFAの主催するJ−REIT(リート)の投資実践セミナーなるものに参加してきました。

サブプライムローンの影響で東証REITも随分と下落が続いていて、REITの投資額に対しての配当利回りは年利20%を越すものも続出しており、REITの配当金ベースでさらには年利30%オーバーとなるものも出てきました。

でもやっぱり怖い・・・

景気後退もこれからという中で、底が確認できない中での積極投資はあまりにも怖すぎるぅ!という事でその怖さはなんなのだ!

と言う事を考えたら、しっかり個別のリートを見極める投資力が不足しているからと言う事に他ならないと思い、週末にJリートセミナーに参加してきました。

さてこのセミナーを受講しての率直な感想を述べますと・・・
J−REITの個別株への投資はもう少し待った方が良いという判断となりました。

と言うのも高配当となっているJ−REITの中でも特に新興企業系のリートなのですが、資金繰りに窮している所が多く、資金繰りのためのリファイナンスを継続しつつもその額を減らされる所があったり・・・

増資前のリート価格よりも大幅に安い価格で増資で資金を募集するリートや、市場金利よりもかなり高額な金利での銀行からリートへの貸付があったりと

まだまだこれから破綻するリートの可能性は充分にあるという所の判断からです。

また初めて破綻したリートのニューシティレジデンスの再建計画が来年の2月頃に決まるらしくそのリート価格が一体どのくらいの値段になるか?

これによって市場のリート価格への評価に繋がることになるという事で内容次第では一段とリート価格が下落する事にもなりかねないです。

またその逆もあるという事です。
そのスポンサーの評価次第では他のリートも割安と見られる可能性もあるという事です。

となるとやはり・・・
この時期を越えてさらには年度末の3月を越えてからでないと、リートの資金繰りや、リートの投資の安心感が出てこない。

と、そんな話になります。

ただ個別株のリートは破綻懸念もあることから、まだその時期ではないと考えられるもののJリートのインデックスファンドなどは全体の指数買いとも言えるので積み立てでコツコツ買っていくぶんには良いだろうと思っています。

またこのファンドの購入も、J−REITにおいてはETFも登場してきていますので、信託報酬が年0.336%(税込)という安さを考えれば、J−REITファンドよりもこちらを選択した方が良さそうです。

ちなみに1343の (NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信は10口から購入可能ですので現時点の値から考えれば8000円程度で購入が可能です。

今年の9月半ばに上場したばかりですね。
配当も年4回あるようです。

(NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信


またこのJ−REITのETFについては別途取り上げたいと思いますので後日の記事更新をお楽しみに!

リートファンドも面白そうですね!と思われた方は・・・
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へランキングに1票お願いします。
この記事へのコメント
このETFはSBI証券と岡三オンラインの1日の約定価格で手数料を決めるコースにすると10万円以下なら手数料無料ですね。

投資信託ポチ!
Posted by masaru at 2008年12月08日 23:43
なるほど!手数料無料はありがたいですね。忘れていました^^

イートレード証券なら貸し株もできますし、長期投資ならこの組み合わせでOKですね。

実質ノーロードでありがたいですね。
素晴らしい情報ありがとうございます。
Posted by 大家大介 at 2008年12月09日 09:44
大家さんおつかれさま。

・・・ポチしました。個別REITについてはまだまだ評価が難しそうです。

っというより、安定度を見る技術がまったくもってありません。そう考えるとインデックスを利用するのは、まだ難しそうな気がします。
Posted by silencejoker at 2008年12月15日 00:34
silencejokerさん

コメントありがとうございます。
そうですね。

個別リートは評価が難しい所があります。
リートごとの有価証券の借入金の増加状況や

借り入れている金利や収益状況など個別に見る必要はありますね。

面倒ですがこういう事を一つ一つやっていってなんとか探し出すという感じでしょうか。

ただ今のリートは正直、政策などによる影響やもっと大口のスポンサーの評価などによって大きく価格が動くこともあり判断は難しい所です。

自分はインデックスの投資を継続しつつ、個別もこの所動きが出てきているので、有価証券などを洗いざらい調べて研究してみたいと思います。

また今後とも宜しくお願い致します。
Posted by 大家 at 2008年12月15日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

k